読書をしたいけど、なかなか生活の中で時間が取れないという人は、お風呂で楽しんでみましょう。

日本の生活スタイルにおける風呂文化
日本の生活スタイルにおける風呂文化

お風呂で読書を楽しむ生活

生活の中で、読書をする時間が減っています。
どうにかして読書をしたいのですが、他にすることがたくさんあって、どうしてもそこまで手が回りません。そこで、お風呂の中で読書をすればいいのではないか、と思い立ちました。
入浴中は他にやることもないですし、読書をしてゆっくり湯船につかれば、体も温まって代謝も上がりそうです。

でも、入浴中に読書をするには少し工夫が必要です。
入浴中に読書をしている、という人は、湯船のふたの上にバスタオルを置き、そこへ本を置いて読んでいるようです。
手がぬれたらバスタオルで拭きながら読みましょう。半身浴効果も期待できます。
少し探せば、耐水性の本なども売られているということです。

読書ばかりでは飽きてしまう、という場合、クロスワードなどの雑誌を持ち込んで頭の体操もいいでしょう。いずれの場合にも、夢中になりすぎないように気をつけ、水分補給を忘れずにしたいものです。
本や雑誌を持ち込むときは、ペットボトルで水分も一緒に持ち込みましょう。他にも、最近の人はラジオを聞く機会も減っていると思います。
テレビにはないよさがあるので、防水のラジオを持ち込んで、お気に入りの番組に合わせて入浴する、というのも楽しそうです。
時間の経過が把握できるので、入浴にリズムも生まれそうです。
からすの行水で、なかなか暖まるまで入浴できない、という人は、これらの工夫をしてみるといいでしょう。ゆったりリラックスすることで、疲れも取れます。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017日本の生活スタイルにおける風呂文化.All rights reserved.