お風呂に入る習慣を少し変えてみると、生活が少し豊かになります。いろいろと工夫してみましょう。

日本の生活スタイルにおける風呂文化
日本の生活スタイルにおける風呂文化

生活を豊かにするお風呂

生活に、もっと自然のよさを取り入れたいと思いませんか?わたしは少し前からオーガニックの食物にこだわっています。
食べるものに気をつけ始めると、他のことにも気をつけたくなるものです。
着るものや、体につけるもの、お風呂の入浴剤などです。
特に、入浴剤は市販のものがたくさんありますが、どうも色や香りが強いものが多く、なかなか使えないでいました。

でも、入浴剤を入れることで肌への刺激を少なくしたり、体を温める効果を強めたりできるのも確かです。
安心で、体に優しいものを使って、リラックスできるバスタイムにしてみましょう。簡単でおすすめなのは、柑橘類の皮です。
冬は特に、みかん類をたくさん食べて、皮もたくさん出ます。
それを洗ってベランダに干し、乾燥したら細かく刻んで、お茶っ葉のパックなどに入れて湯船に浮かべましょう。もっと効果を高めたかったら、いったん煮出して、煮汁ごと湯船に入れてもいいでしょう。香りもよく、湯冷めがしにくいそうです。

また、ハーブを入れるのもおすすめです。
ミントなどをガーデニングで植えておくと、たくさん増えるので、こまめに刈り取って乾燥させ、湯船に入れましょう。ストレス解消の効果もあるようです。
わたしは、アロエを入れたりもします。
葉を収穫したら細かく刻んで日に干し、同じように湯船に入れます。
お湯がやさしくなり、体が温まる気がしました。
また、塩をひとつかみいれるのもいいと思います。
あたたまって気分もすっきりします。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017日本の生活スタイルにおける風呂文化.All rights reserved.